「ホームページ」「Webページ」「Webサイト」の違いは?

「ホームページ」「Webページ」「Webサイト」の違いは?

インターネットを見ていて、良く聞く
「ホームページ」「Webページ」「Webサイト」
ほぼ同じ様な意味合いで使う事がありますが、意味合いが少し違います。

昔からインターネットを使っている詳しい人の中には、
用法を誤用として認めない人もいますので、ご注意ください。

「ホームページ」「Webページ」「Webサイト」の違いは?
インターネットでよく聞く「ホームページ」「Webページ」「Webサイト」・・・
同じ意味だと思っていましたが・・・

何が違うのでしょうか?

「Webページ」と「Webサイト」の違いは
あなたが今見ているような、
ブラウザのウィンドウに表示されるページのことを
Webページ」と言います。

Webページが集まって一冊の本のようになっている
Webページ群を「Webサイト」と言います。

その表紙にあたるWebページを「トップページ」と言います。

「ホームページ」とは?
Webページ」は、1ページ1ページの事で
Webサイト」は、そのページがまとまった物なのですね。

じゃー「ホームページ」と何が違うのでしょうか?

「ホームページ」とは、最初に表示されるページのこと
ホームページとは・・・

もともと、
Webブラウザを起動したときに
最初に表示されるページのことでした。

現在も、
ブラウザの設定画面やツールバーに
「ホーム」「ホームページ」などの表記が残っています。

ホームページには、
Yahoo!やMSNなどポータルサイトの
トップページを設定している人が多いと思いますが、
このように、
Webサイトのトップページをホームページに設定する人が多かったため、
Webサイトのトップページのことを「ホームページ」と呼ぶようになりました。

現在でも、
階層が下のページに「ホームへ戻る」などのリンクが貼られていることがあります。

ただ、現在では全てを「ホームページ」と呼んでしまってます。
さらに、
インターネットが普及期に差し掛かり、
WebブラウザやWebサイトのことを知らない人に説明する過程で、
本来「Webページ」「Webサイト」と呼ぶべきところを
すべて「ホームページ」と呼んでしまう現象が発生しました。

このため、
現在では「Webページ」「Webサイト」全てを
「ホームページ」という言葉が使われています。

昔からインターネットを使っている詳しい人の中には、
こうした用法を誤用として認めない人もいますので、
ご注意ください。

 

まとめ

Webページ」は、インターネット上にある1ページ1ページ

Webサイト」は、Webページが集まった意味のあるまとまり

ホームページ」は、元々はWebサイトのトップページの事

現在では、「Webサイト」・「Webページ」も含み
全てを「ホームページ」と呼んでしまっている。

ホームページ ウェブサイト 違いについてお勧めの本

新米IT担当者のための Webサイト しくみ・構築・運営がしっかりわかる本 (ばっちりわかる)

Web担当者にとって最初に知らなければならないのが「Webサイトの作り方」と「Webサイトの運営方法」です。本書は、インターネットのしくみから始まり、Webサイトを作る前準備の調査・企画・設計からサイト構築時に必要な制作会社の選び方、見積書の見方、デザイン基礎といった実践的な知識を学習できます。後半では、アクセス解析やSEO対策といったサイト構築後の運営ノウハウを紹介します。各章の頭に配置されたストーリーと共に、具体的な作業を想像しながら読み進めることができます。


ホームページ担当者が最初に覚える Webサイトの運営と実践

ネットビジネスを成功へと導くプロ直伝のノウハウが満載!

検索エンジン対策「SEO」の基本、成約率を飛躍的に向上できるGoogleアナリティクスの活用、Googleアドワーズによる検索連動広告「SEM」の効果的な出稿テクニック、プロモーションツールとしての「Twitter」の使い方、ソーシャルメディア「Facebook」「mixi」によるユーザー参加型の宣伝・広告まで、ホームページ担当者が知っておくべきWebサイト運営に必要な知識がマスターできます。

Webサイト制作のプロが実際の現場での体験・知識を基に分かりやすく丁寧に解説。
豊富な図版と分かりやすい実例で要点をまとめているので、読んだその日から即実践できるテクニックを身に付けられます。
個人事業主・中小企業の経営者から新人Web担当者まで、お勧めの一冊です!

コメント

  1. 私もその誤用気になってました。
    なんだかんだで、ホームページっていう言い方が普及しちゃってますね。