iPhone用セキュリティアプリ「あんしんWeb by Internet SagiWall」

iPhone用セキュリティアプリ「あんしんWeb by Internet SagiWall」

image

iPhone用のセキュリティ対策アプリとして
フィッシング詐欺やワンクリック詐欺の恐れがあるブラウザにアクセスすると、
自動で警告してくれるiPhone向けブラウザアプリ
あんしんWeb by Internet SagiWall」が登場。

2013年12月末までは無料で利用できるます。

 

ソフトバンクBBの100%子会社の
BBソフトサービス株式会社が
2013年11月29日に
iPhone用のフィッシング・ワンクリック詐欺対策機能を備えた
ウェブブラウザアプリ「あんしんWeb by Internet SagiWall」の提供が始まりました。

 

iPhone用のセキュリティ対策アプリ スクリーンショット

image

あんしんWeb by Internet SagiWallは、
Webサイト閲覧時にネット詐欺の危険性のあるサイトを発見し、
警告してくれるWebブラウザです。

ただし、
iPhoneでInternet SagiWallを活用できるのは、
あくまで、あんしんWebブラウザを利用したときのみです。

例えば「Safari」から詐欺サイトにアクセスしても
Internet SagiWallによる検知はできないのでご注意ください。

 

iPhone用のセキュリティ対策アプリあんしんWeb by Internet SagiWallの特徴

image

危険なサイトは表示させない

本物と見間違うような精巧な偽サイト、
執拗な料金請求などの脅しによって
金銭搾取を狙う「ネット版振込め詐欺」など、
危険な可能性のあるサイトを表示させません。

独自のヒューリスティック検知技術「SagiWallエンジン」

ウイルス対策ソフトの検知の網の目をすり抜ける、
巧妙な詐欺サイトの手口にも「SagiWallエンジン」は対応します。

海外ソフトメーカーでは対応が不十分であった、
日本人をターゲットにした日本語の詐欺サイトに最適化しています。

 

このような被害にあう前にブロック!

 

  • いつも使っている銀行からのメール。
    「ログインしないと危険」と書いてあったので
    いつものパスワードでWebサイトにログインしたら、高額請求が。。。
  • ソーシャルネットワークで繋がっている友達から来たコンテンツURL。
    面白そう!とクリックしたら、スパムが来るようになり、
    自分の友達にも送られるようになった。
  • 「被災者の力になりたい!」
    そんな気持ちで募金サイトから送金したら脅迫メールが送られてくるようになった。

次世代型技術!『SagiWallエンジン』搭載

あんしんWebの詐欺検知プログラム『SagiWallエンジン』は、
ブラックリストとヒューリスティック(自動コンテンツ検知)の両方式を採用。

ブラックリスト方式は
一般的なウイルス対策ソフトやフィルタリングソフトに搭載されている従来型の手法です。

危ないサイトと報告されたWebサイトを
ブラックリストに登録し、
あなたがアクセスしているサイトと照合します。

ヒューリスティック方式は、
Webサイトの内容をリアルタイムで解析し怪しいサイトを警告。

ブラックリスト方式のみでは、
被害が出てブラックリストが更新されるまで検知できなかった詐欺サイトも、
ヒューリスティック方式で未然にブロックできるようになり、
より安全にインターネットを楽しむことができます。

 

あんしんWebの機能一覧

  • Webページ閲覧
  • Yahoo!、Google検索
  • ブックマーク
  • ページの切替
  • URLのメール送信
  • Twitter、Facebook投稿
  • 印刷
  • 検知除外リスト登録
  • 誤検知報告

 

ゲームポータルサイト「NCSOFT」フィッシングメールにご注意!

ゲームポータルサイト「NCSOFT」

ゲームポータルサイト「NCSOFT」
かたるフィッシングメールが出回っているようです。

image

フィッシングメールの内容は

既に報道されておりますが、オンラインサービスを提供している他社において数千万件規模でID、
パスワードやクレジット情報などの会員情報が不正アクセスの影響により流失したとの情報を
確認しました。

本人確認のため認証メールを送信いたします。
メールを受信して、記載されているURLをクリックしてください。

また、送信元のメールアドレスは
「account_cs@ncjapan.co.jp」となっているようです。

"URLを確認しよう!"
NCSOFTポータルサイトのURLは、
http://www.ncsoft.jp/」です。
URLをクリックする前に、
確認して怪しいと思った場合はクリックしないようにしましょう。

間違ってアクセスしてしまった場合

"セキュリティソフトで確認!"
ウイルスやスパイウェアが入った可能性があるので
セキュリティソフトでチェックを行いましょう
"その後・・・"
メールアドレス変更
パスワードの変更を行う事がおススメです!

ゲームポータルサイト「NCSOFT」とは

image

エヌシーソフト(NCSOFT)
韓国のPC用オンラインゲームを開発している会社です。

日本では、
ソフトバンク株式会社との共同出資によって作られた
エヌ・シー・ジャパン(NCJapan K.K)が日本国内に提供しています。

代表的な作品は、
オンラインRPG「リネージュ

オンラインRPG「リネージュⅡ

The Tower of AION(タワーオブアイオン)

などがある。

image

「スパイウェア」とはなんですか?

ユーザに気付かれないように個人情報などを収集して、
ソフトウェアの開発元などに送信してしまうソフトウェアです。

集めた個人情報は広告の配信などに使われます。

企業が配布しているフリーソフトウェアなどに添付されていることが多く、
広告などを強制的に表示する機能を持ったものもあります。

スパイウェア
フリーソフトやシェアウェアなどに添付されていることが多く、
そのソフトをインストールすると一緒にインストールされます。

インストールされると、
常時起動するように設定され、
そのユーザのメールアドレスなどの個人情報や、
Webブラウザのアクセス履歴やクッキーに記録された情報などを配布元に送信します。

配布元の企業などは
この情報を元に広告を配信したり別の業者に情報を売ったりして利益を得ています。

ソフトのダウンロード時やインストール時に
表示される利用許諾条件などの文書でスパイウェアの存在に触れている場合が多く、
形式上はユーザの許諾を得たことになっていますが、
どのように動作してどういった情報をどこに送信するか
詳しく説明していない場合が多く、ユーザに十分告知がされているとは言えません。

悪質なものになると、
Webサイトの閲覧時に勝手にサイトと無関係なポップアップ広告を表示したり、
ブラウザ起動時に表示するサイトを勝手に変更して元に戻せなくするものもあります。

また、
パソコンに高い負荷のかかるような処理を頻繁に行なって
動作を遅くしてしまったり、動作を不安定にするものもあり、
こうした面でも問題があります。

スパイウェアがインストールされているかどうかを調べ、
発見したスパイウェアを取り除いてくれるソフトがあります。

スパイウェアは、セキュリティソフトで
駆除・予防ができるので、セキュリティソフトを入れる事をお勧めします。

お勧めのセキュリティソフト

 【ウイルスバスター】(トレンドマイクロ社)
販売本数No.1のウイルスセキュリティ対策ソフト「サクサク軽快」!

 【ESET】(キヤノンITソリューションズ)
セキュリティ・ウイルス対策ソフト

 【G Data】(ジャングル)
ウイルス検出率No.1、99.9%を誇る

 ノートンセキュリティソフト(シマンテック社)
高速かつ軽快にオンライン上の脅威に対して総合的な保護を提供


アマゾン アマゾンでウイルス対策ソフトの商品を探してみる。

楽天楽天でウイルス対策ソフトの商品を探してみる。

ヤフーショップヤフーショップでウイルス対策ソフトの商品を探してみる。

ヤフーオークションヤフーオークションでウイルス対策ソフトの商品を探してみる。