「Webページ」「Webサイト」「ホームページ」の違い

あなたが今見ているような、
ブラウザのウィンドウに表示されるページのことを「Webページ」と言います。

Webページが集まって一冊の本のようになっているWebページ群
Webサイト」と言います。

その表紙にあたるWebページを「トップページ」と言います。

では「ホームページ」とはなんでしょうか。

ホームページとは、
もともと、Webブラウザを起動したときに最初に表示されるページのことでした。

現在も、
ブラウザの設定画面やツールバーに「ホーム」「ホームページ」などの表記が残っています。

ホームページには
Yahoo!やMSNなどポータルサイトのトップページを設定している人が多いと思いますが、
このように、Webサイトのトップページをホームページに設定する人が多かったため、
Webサイトのトップページのことを「ホームページ」と呼ぶようになりました。

現在でも、
階層が下のページに「ホームへ戻る」などのリンクが貼られていることがあります。

さらに、
インターネットが普及期に差し掛かり、
WebブラウザやWebサイトのことを知らない人に説明する過程で、
本来「Webページ」「Webサイト」と呼ぶべきところを
すべて「ホームページ」と呼んでしまう現象が発生しました。

このため、
現在ではこれらの意味で「ホームページ」という言葉が使われています。

昔からインターネットを使っている詳しい人の中には、
こうした用法を誤用として認めない人もいます。