デジタルカメラの意外に気になる起動時間とレリーズタイムラグ

デジタルカメラの使い勝手を左右する性能として
意外に注目されていない(いなかった)のが「時間」に関する項目です。

一つは「起動時間」で、
電源ボタンを押してから実際に撮影できるようになるまでの時間です。

デジタルカメラの操作や撮影を制御するのは内蔵されているマイクロコンピュータなので、
パソコンと同じように制御ソフトを呼び出して初期設定する時間がかかります。

電源を入れっぱなしにすると
すぐに電池が切れてしまいますから、撮影するときに取り出して電源を入れるわけで、
起動時間が長いと撮影したいときにすぐに撮れず、結構なストレスになります。

もう一つは
レリーズタイムラグ」と言って、
シャッターボタンを押してから実際に撮影が行なわれるまでの時間です。

フィルムカメラではほとんど気になりませんが、
デジタルカメラはこの時間差が大きいため、撮りたい瞬間にシャッターを切るとそれより一瞬後の別の場面が写っていることになります。

動きのある被写体を撮るときには
撮りたい瞬間の一瞬前にシャッターを押さなければならず、
なかなかうまく撮れないのでストレスを感じます。

以前は
こうした性能は買ってみないと分からず、
またメーカーも短くする努力をしていなかったのでどれも同じようなものでしたが、
最近ではこの2つが短いことを「売り」にする機種が現れたため、
カタログなどにも画素数やズーム倍率などと共にこれらの項目が載るようになってきています。

ただし、
レリーズタイムラグはメーカーによって計測方法が異なる(オートフォーカスの時間を含めるか否か、など)場合がありますので注意してください。

 

アマゾン アマゾンでデジタルカメラの商品を探してみる。

楽天楽天でデジタルカメラの商品を探してみる。

ヤフーショップヤフーショップでデジタルカメラの商品を探してみる。

ヤフーオークションヤフーオークションでデジタルカメラの商品を探してみる。

 

ISO感度と明るさ・ノイズの関係は?

カメラのフィルムにはISO感度というものがあり、
光に対する感度を表します。

ISO100、200、400、800などの種類があり、
デジタルカメラでもISO感度に相当する値を設定できるものがあります。

感度が高いほど感光しやすく、
暗い場所でも明るい場所と同じように撮影できたり、
短いシャッタースピード(ぶれにくい)で撮影できるようになります。

同じ明るさなら
ISO200のフィルムはISO100のフィルムの半分のシャッタースピードで
同じように撮ることができ、
同じシャッタースピードなら半分の明るさの暗い場所で同じように撮ることができます。

ただし、
感度が高いとノイズを多く拾ってしまい、
また、色の鮮やかさや滑らかさが損なわれていきます。

暗い場所でフラッシュが使えない場合などには、
ISO感度の設定を高くしてみるとブレが少なく
明るい画を撮影することができるかも知れません。

 

アマゾン アマゾンでデジタルカメラの商品を探してみる。

楽天楽天でデジタルカメラの商品を探してみる。

ヤフーショップヤフーショップでデジタルカメラの商品を探してみる。

ヤフーオークションヤフーオークションでデジタルカメラの商品を探してみる。

 

光学ズームとデジタルズームの違いは?

光学ズームというのは
フィルムカメラのズームと同じで、
レンズを動かして焦点距離を変化させることにより
光学的に像を拡大して撮影することを言います。

虫めがねで物が大きく見えるのと同じ原理です。

画質は劣化しませんが、
拡大すればするほど光量が少なくなるため、
室内などもともと暗い場所では画像が暗くなっていきます。

 

これに対し、
デジタルズームというのは、
レンズの捕らえた画像の上下左右をカット(トリミングといいます)して、
LSIで拡大処理することを言います。

少ない画素数で捕らえた画像をデジタル処理で大きく引き伸ばすので、
拡大すればするほどモザイクがかかったような画質の劣化が生じます。

性能表などで
「光学3倍+デジタル3倍で最大9倍」というのは、
光学ズームを3倍かけて、
さらにそれをデジタルズームで3倍に引き伸ばすことにより、
見た目で9倍のズームが可能という意味です。

 

アマゾン アマゾンでデジタルカメラの商品を探してみる。

楽天楽天でデジタルカメラの商品を探してみる。

ヤフーショップヤフーショップでデジタルカメラの商品を探してみる。

ヤフーオークションヤフーオークションでデジタルカメラの商品を探してみる。