「ホームページ」「Webページ」「Webサイト」の違いは?

Webとは?Webの意味

WWW(World Wide Web:ワールド ワイド ウェブ)の事で、
Webとは、「クモの巣」や「クモの巣状の物」を表します。

インターネットやイントラネットで
標準的に用いられるHTML文書など利用したシステムです。

文字や画像、動画、音楽などを
簡単に利用する事が出来るシステムです。

そのシステムを利用して、世界中に向けて
インターネット上で、文章などを公開されているページを
Webページ」と呼びます。

最近では、
「Webページ」や「Webサイト」の事を
ホームページ」と呼ぶことが多いです。

「ホームページ」「Webページ」「Webサイト」の違いは?

今ご覧頂いている、このページもWebページです。

Webを支える技術 ― HTTP,URI,HTML,そしてREST WEB+DB PRESS plus

Webは誕生から20年で爆発的な普及を果たし,17億人のユーザと2億台のサーバを抱える巨大システムへと成長しました。Webがここまで成功した秘密は,その設計思想,いわゆるアーキテクチャにあります。Webのアーキテクチャ,そしてHTTP,URI,HTMLといったWebを支える技術は,Webがどんなに巨大化しても対応できるように設計されていたのです。
私たちが作る個々のWebサービスも,Webのアーキテクチャにのっとることで成功へとつながります。Webのアーキテクチャに正しく適応したWebサービスは,情報が整理され,ユーザの使い勝手が向上し,ほかのサービスと連携しやすくなり,将来的な拡張性が確保されるからです。
本書のテーマは,Webサービスの実践的な設計です。まずHTTPやURI,HTMLなどの仕様を歴史や設計思想を織り交ぜて解説します。そしてWebサービスにおける設計課題,たとえば望ましいURI,HTTPメソッドの使い分け,クライアントとサーバの役割分担,設計プロセスなどについて,現時点のベストプラクティスを紹介します。

(こんな方にオススメ)
・Webサービス(Webアプリケーション/Web API)の設計・開発に携わる方
・Webのしくみや動作原理を知りたい方

Webを支える技術 ―― HTTP,URI,HTML,そしてREST WEB+DB PRESS plus

Webとは何か? Webとは 初心者からプロになる為の技術

Webとは何か?と思い初心者からWebのプロになる際に
お勧めの本です。

Webアプリケーション開発の「基礎の基礎」をしっかり学べる入門書。
通信技術とソフトウェア開発技術の両面から、
Webシステムのしくみをひとつひとつ確実に解説。


「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか

webとはすなわち

webとはすなわち
ウェブとはすなわち現実世界の未来図である

瞬く間に普及したスマートフォン、SFの世界からやってきたかのようなグーグルグラス、製造業の在り方を一変させる3Dプリンタまで、テクノロジーとそれをつなぎ合わせるインターネットなくしてもう、人間の生活を語ることはできない。かつて一部の人だけのものだったウェブはいまや現実世界を塗り替え、社会のルールすら変えようとしている。

しかも、その変化はあまりに急だ。産業革命以上ともいわれるインパクトのなか、私たちはいま何を経験しているのか。そもそも一世を風靡した「ウェブ2.0」からウェブはどう変貌し、どこに向かおうとしているか。インターネット黎明期からネットの進化と歩をともにした著者が本書で示すのは、ウェブ2.0以降の座標軸とこれからの羅針盤である。

著者いわく、いまや「社会がウェブをコピーする」時代になった。つまりウェブで起こっている潮流を理解すれば、現実世界の未来が見通せる。グーグルに代表されるアルゴリズムが世の中を支配するかと思いきや、いま私たちが過ごしているのはソーシャルメディアによって人間と人間とが接続された「人間中心主義」の世紀なのだ。

時間と空間を超えてつながる新しい人間関係のもとで、ハイパー資本主義以前にみられた贈与経済を彷彿させる「シェアリング・サービス」が勃興している。さらに「社会がウェブをコピーする」なかで、絶対に安泰と思われていた事業が思いもよらない競合に浸食され、組織づくり、イノベーションの作法、教育までもが根本から変化している。

はたして「昨日の常識が通じない時代」に私たちが身につけるべき「視座」とは何か。人間はウェブの力を味方にできるのか……。フェイスブックの歴史的意味からウェアラブルコンピュータによるパラダイムシフト、日本企業が行き詰ったほんとうの理由、そうした混沌の先にある未来までをも一つの線上で論じきった、渾身の一作。