ISO感度と明るさ・ノイズの関係は?

カメラのフィルムにはISO感度というものがあり、
光に対する感度を表します。

ISO100、200、400、800などの種類があり、
デジタルカメラでもISO感度に相当する値を設定できるものがあります。

感度が高いほど感光しやすく、
暗い場所でも明るい場所と同じように撮影できたり、
短いシャッタースピード(ぶれにくい)で撮影できるようになります。

同じ明るさなら
ISO200のフィルムはISO100のフィルムの半分のシャッタースピードで
同じように撮ることができ、
同じシャッタースピードなら半分の明るさの暗い場所で同じように撮ることができます。

ただし、
感度が高いとノイズを多く拾ってしまい、
また、色の鮮やかさや滑らかさが損なわれていきます。

暗い場所でフラッシュが使えない場合などには、
ISO感度の設定を高くしてみるとブレが少なく
明るい画を撮影することができるかも知れません。

 

アマゾン アマゾンでデジタルカメラの商品を探してみる。

楽天楽天でデジタルカメラの商品を探してみる。

ヤフーショップヤフーショップでデジタルカメラの商品を探してみる。

ヤフーオークションヤフーオークションでデジタルカメラの商品を探してみる。