WordPressのカテゴリーIDを調べる方法

カテゴリーIDとは?

WordPressで作成したカテゴリーには、
作成した時に自動的に個別の番号が割り振られます。

そのカテゴリーごとに
WordPressで自動的に付いた番号の事をカテゴリーIDといいます

このカテゴリーIDを利用する事で
カテゴリー別の記事一覧を表示したり、
プラグインの設定をする時に細かい設定などが可能になります。

では、カテゴリー ID を確認する方法をご紹介いたします。

WordPressのカテゴリーIDを調べる方法

 

  1. WordPressの管理パネルにログインします。
  2. 【投稿】の【カテゴリー】をクリックします。

    image

  3. 調べたい【カテゴリー】をクリックします。

    image

  4. 表示したカテゴリーのURLを確認すると、カテゴリーIDを知る事ができます。
  5. image

    category&tag_ID=●●

    ●●部分がカテゴリーIDとなります。

    上の画像では、カテゴリーIDは、「32」となります。

WordPress 特定カテゴリーの記事一覧を表示する方法

WordPressですべての記事一覧やカテゴリーページでの一覧表示は、
標準的な機能で簡単にできます。

その記事一覧を
特定カテゴリーの一覧を表示したい場合は、
ちょっとだけ手を加える必要があります。

特定カテゴリーの記事一覧を表示する方法をご紹介いたします。

 

特定カテゴリーの記事一覧を表示する方法

 

【参考コード】

<?php query_posts($query_string .'&showposts=▲&cat=●);?>
<?php if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post();?>

<h3><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h3>
<p><?php echo get_the_content(); ?></p>

<?php endwhile;?>
<?php else: ?>
<?php _e('記事がありません。'); ?>
<?php endif; ?>
<?php wp_reset_query();?>

 

「cat=●」は、表示するカテゴリーのIDを指定します。

他にも、下記の内容があります。

  • category_name
    → カテゴリースラッグを指定(カテゴリー名ではない)。
  • category__and
    → 指定した複数のカテゴリーすべてに含まれる投稿のみを表示。
  • category__in
    → 指定した複数のカテゴリーいずれかに含まれる投稿のみを表示。
  • category__not_in
    → 指定した複数のカテゴリーのいずれにもに含まれない投稿のみを表示。

 

「showposts=▲」は、表示する記事の数を指定します。

showposts=10は10記事分表示する。
これを5記事にする場合は、showposts=5 とします。

 

WordPressのカテゴリーIDを調べる方法