実際に使ってみよう! 〜Yahoo!編その2〜

前の項では、キーワードを使った検索方法を実際に見てみました。
そこで次は、「カテゴリ」を使った検索の方法を見ていきましょう。

 

Yahoo!トップページにこんな部分がありますが、これが「カテゴリ」です。
これは登録サイトを分野別に整理したもので、探したい情報のジャンルをクリックしていくことでどんどんと絞り込んでいくことができるようになっています。
例えば、「パソコンの部品について調べたい」と思っているとしましょう。
そうすると、まずは「コンピュータとインターネット」のカテゴリをクリックします。すると、新しい画面に移って、さらに細かいカテゴリが表示されました。

 

この中から、部品なので「ハードウェア」を選びます。そして今度はさらに「周辺機器」を選んでみましょう。

 

これで、Yahoo!登録サイトの中から「コンピュータ」の「ハードウェア」の「周辺機器」に関するサイトが選び出されました。また、必要ならばもっと細かくカテゴリを絞り込んだり、このカテゴリの中でキーワード検索をしたりすることもできます。
このように、情報のジャンルから絞り込んでいくのが「カテゴリ検索」なのです。
実際にカテゴリ検索とキーワード検索のどちらを使うかは、状況次第になるでしょう。
検索エンジンに慣れた人の間では、ある程度カテゴリを絞り込んでから、キーワード検索で「このカテゴリ以下から検索」をするのが重宝されているそうです。

 

検索エンジンで探す