何度も再生すると磨り減ったりしませんか

かつて音声記録メディアの主流だったレコードは、
何度も再生すると針が盤面の溝を削ってしまい、
次第に音が消えてしまうという問題がありました。

カセットテープも読み取り装置がテープに接触するため、
同様の問題があります。

CDやDVDなどの光学ディスクは、
読み取り装置からレーザー光を照射し、反射光を読み取るため、
接触による磨耗の心配はありません

その代わり、
レーザー光によって材質が変性したり劣化する可能性が指摘されています。

しかし、現在までのところ、
再生回数によって寿命に影響が出るという調査結果はありません。