掲示板やチャットの方針は明示しておきましょう。

べ:
ねえ、おねーさん。よく掲示板やチャットで「ここのルールは〜〜です」っていう注意書きがあるけどさ、あれって必要なの?

お:
友達用の内輪の掲示板、とかだったら要らないかもしれないけど…できれば、あった方がいいでしょうね。
もちろん、やりすぎると逆効果になるでしょうけど。

べ:
でもさ、ネチケットっていうルールがあるんだから、何もそれ以上ルールなんてつけなくてもいいんじゃない?

お:
そうでもないわよ。ネチケットっていうのは、インターネットでの最低限のルール、っていう位置づけだもの。場合によっては、もうちょっと詳しいルールがあった方が円滑に進む場合も多いでしょうね。

べ:
うーん…例えば?

お:
んー…例えば、「ここはコンピュータの話題専用です」とか「ここは巨人ファンのための掲示板なので、巨人の悪口は書かないでください」とか、まあいろいろあるでしょうけど。掲示板の方針を決めるのは管理者の権利だから、よっぽどネチケットとか一般常識に反してないかぎり好きに決めていい、っていうのがインターネットでの普通の意識だしね。

べ:
ふーん。
じゃあ、例えばボクが「ボク様至上主義! ボクを称えることだけしか書くな!」っていう掲示板を作ってもいいわけ?

お:
…まあ、別に文句は言われないんじゃない? 誰か書いてくれるかどうかは知らないけど。
…ただし、そういう方針やルールは明示しておくこと。はっきり書いてなかったルールを後から持ち出して、「実はこういうルールがあった」とか「暗黙の了解だ」って言うのは公正じゃないし、嫌われることだからね。何かルールを決めるのなら、最初から明示しておくべきよ。

べ:
えっと…でもさ、そのルールってどれくらい書いておいたらいいの?

お:
まあ、最低限必要になるのは「基本的な運営方針」と「禁止事項」くらいでしょうね。あと「過去ログがどれくらい残るか」とか「削除する基準」とかもあると、便利に思う人もいるかも。
…あ、忘れるところだったけど、「問題が起こったときの連絡先」も必須ね。

べ:
ふーん。

お:
それから、意外と忘れがちなのが「トラブルやメンテナンスの情報」。サーバの都合なんかでアクセスできなくなる時間が分かってるときは、早めに告知しておくべきでしょうし…けっこう忘れる人が多いんだけど、こういう細かいところに気を遣うのも好感度高いんじゃない?
…あ、このページとか、ネチケット関連のページとかにリンクを張っておくのも面白いかもね。ネチケットを知らない人のために、っていうことで。

べ:
…割とせせこましい営業活動だね、おねーさん。

お:
…ほっといてちょーだい、べるたん。