管理者に必ず連絡がとれるようにしておきましょう。

べ:
ねえ、おねーさん。おねーさんはさ、掲示板に自分の電話番号とか書くの嫌いみたいだけど、ちょっと神経質かな、って思うことってない?

お:
べるたん…言わせてもらうなら、それはおねーさんが神経質なんじゃなくて、べるたんが鈍感なだけだって思うんだけど。

べ:
そう?
だってさ、Yahooの掲示板とかならともかく、普通の掲示板なんて、そうそう他の人が見に来ることなんてないでしょ? おねーさん、気にしすぎだってば。

お:
甘いわね、べるたん。
世の中には、検索エンジン経由でたまたま迷い込んでくる人もいれば、掲示板を回ってメールアドレスを回収してる業者だっているんだから。パスワードも何も仕掛けてない掲示板なんて、安全性は事実上ゼロよ。

べ:
…そうなの?

お:
んー…言ってみれば、そこいらの壁に自分の名前と電話番号を落書きしておくような感じかしら。普通の人はそんな落書きなんてわざわざ見ないけど、何かの拍子に見る人だっているかもしれない。いたずら電話をされる可能性だって、十分にあるでしょう?
…それと同じくらいには、危険なことなの。掲示板に個人情報を書く、っていうのは。

べ:
うーん…それなら、まあ、おねーさんの気持ちもわからなくもないけどさ。

お:
ありがと。
…あ、でも、掲示板の利用者の個人情報と管理者の個人情報は同列じゃないからね。本名や電話番号まで、とは言わないけど管理者のメールアドレスはわかりやすいように明記しておくのは最低限の礼儀だもの。
それも、できれば一日一回はチェックするアドレスにした方がいいしね。

べ:
そんなに連絡をとりたがることってあるかな?

お:
まあ、それはWebページや掲示板によりけりだけど。でも、備えあれば憂いなし、って言うしね。
トラブルが起こってから、「連絡がとれなかった〜」っていうんじゃ冗談にもならないもの。

べ:
トラブルって?

お:
んー…割と多いのが、発言の削除依頼とかケンカの仲裁、それから掲示板自体のトラブルってところね。こういうのは急ぐから、要求があったときにはできるだけ速く対処した方がいいわ。…他には、誤字脱字の指摘とか、あまり急がないのもあるけど。
もし忙しくて対処できない場合でも、「了解しました。今は忙しいので対処できませんが、時間ができ次第対処します」っていう返事はしておくべきでしょうね。返事がないのって、ああいうときにはけっこう不安なものだから。

べ:
はーい。