ソフトの更新は定期的に行いましょう。

べ:
おねーさん、これ見てよ、ほら!

お:
あら、アンチウイルスソフトじゃない。べるたん、買ってきたの?

べ:
うん、ウイルス対策にはこれがあった方がいいって言うからさ。本当は買うんじゃなくて、金色の円ば…

お:
…べるたん。いちおう言っておくけど、ソフトの違法コピーは正真正銘の犯罪だからね?

べ:
も、もももちろんだよ、おねーさん! ヤダナァ、ボクがそんなこと思うわけないじゃありマセンカ!

お:
……。
…まあ、けっきょくちゃんと買ってきたみたいだからいいけど。それじゃ、さっそくインストールして、アップデートもしましょうか。

べ:
え? アップデートって?

お:
ソフトのアップデートだけど。
…んー、最初から説明した方が分かりやすいかしらね?

べ:
よく分からないから、そうしてよ、おねーさん。

お:
はいはい。
それじゃ…まず、アンチウイルスソフトっていうのがコンピュータウイルスをチェックするためのソフトだっていうのはいいわよね?

べ:
うん、それくらいは知ってるよ。

お:
それじゃ、毎週のように新しいコンピュータウイルスが生まれてる、っていうのは?

べ:
…え。そうなの!?

お:
そうよ。まあ、大半はこれまでのウイルスの焼き直しとか、ちょっとメールの文章を変えただけとかで、ほとんど広まらないんだけど、何か月かに一度くらい、大増殖するウイルスが出るの。
…で、そういう新しいウイルスの中には、これまでのアンチウイルスソフトじゃ見つけられないのもあってね。

べ:
えーと…それって、まさか、また新しいソフトを買わないといけないってことじゃ…

お:
まさか。いくらなんでも、そんな商売してたら会社に火をつけられても文句が言えないってば。
…でも、現実問題として、ソフトを改良しないと新しいウイルスには対抗できないわけだから、インターネットでソフトを改良するためのプログラムをダウンロードして、新しい機能をつけるわけ。これが『アップデート』よ。

べ:
へー、そんなことができるんだ。

お:
インターネットでのアップデートは、別にアンチウイルスソフトに限らず、いろんなソフトで行われてるんだけど…アンチウイルスソフトの場合、新種のウイルスに対抗できるかどうかがこれで決まってくるからね。アンチウイルスソフトを入れたのなら、定期的のメーカーのWebページに行ってアップデートしておくのは必須よ。
実際、これをサボッたばっかりに、せっかくソフトを持ってたのにウイルスに感染したっていう話もあるんだから。

べ:
ん、わかったよ。ちゃんとチェックしてくる。

お:
…それから、OSやブラウザのアップデートがないかも、時々はチェックした方がいいかもね。たまにバグが見つかったり、そのバグを利用したウイルスが出てきたりすることもあるみたいだし。

べ:
りょうかーい。