勝手な宣伝は逆効果です。

べ:
…ねえ、おねーさん。もしボクがWebページを作ることがあったら、どうやって人に見に来てもらったらいいのかな。
やっぱり、他のページなんかで宣伝するといいの?

お:
そうね、べるたん。他の人のWebページで宣伝するっていうのは、なかなかいいアイデアよ。
三日と経たずに、抗議と嫌がらせのメールと書き込みが山ほど届くでしょうけど。
少なくとも、大勢の人に見てもらえるのは確かよ。晒し者として。

べ:
…おねーさん。別にボクは、晒し者になりたいわけじゃないんだけど…

お:
そう? 残念ね。
だけど、べるたん。それなら、他の人の掲示板で宣伝するのは止めた方がいいわね。そういう勝手な宣伝はネチケット違反とされているもの。
ちなみに、これはWebページの宣伝に限らず、宣伝全般に言えることなんだけど。

べ:
じゃあ、メールで宣伝とか?

お:
素晴らしいわ、べるたん。おねーさんは宣伝メールを送ったせいで潰されたページを幾つか知ってるけど。
いろんな意味で人気者になれること間違いなしよ。

べ:
じゃあ、どうしろって言うのさ、おねーさん!

お:
落ち着いて、べるたん。
まず、Webページを作ろうって思うくらいなら、インターネットに友達もいるでしょう? そういう人たちにメールで『Webページを作りました。遊びにきてね』って伝えるのなら、嫌がられはしないと思うわ。嫌がられるのは、あくまで見ず知らずの人や親しくもない人からの一方的な宣伝だもの。

べ:
それなら、友達の管理している掲示板で宣伝しても大丈夫かな?

お:
そうね…それを嫌がるかどうかは人それぞれだけど、できれば宣伝だけをするんじゃなくて、普通に書き込みをしたついでに宣伝もしてみる、っていうくらいの方がいいでしょうね。
それから、宣伝用の掲示板っていうのもたまにあるから、そういうところなら遠慮なく宣伝できるわ。

べ:
へぇ、そんなのもあるんだ。

お:
でもね、べるたん。宣伝用の掲示板があるっていうことは、逆に言えばそれ以外の掲示板はふつう宣伝をする場所じゃない、っていうことよ。
…これは掲示板でもメールでもいっしょなんだけど、勝手な宣伝はインターネットではとても嫌われるの。
ある会社が無差別に宣伝メールを送った結果、っていうのがあるんだけど、聞きたい?

べ:
なんだか怖い気がするけど…まあ、聞いてみようかな。

お:
その会社は、いろんな掲示板やアンケートで10000件のメールアドレスを集めて、宣伝のメールを送ったの。SPAMメール、っていうやつね。
…そうしたら、なんと5人も注文があったんだって。
なんと0.05%の効果よ、すごいでしょう?

べ:
…ま、まあ、でも効果があったんならよかったんじゃない?

お:
ちなみに、文句は300通以上。仕返しの嫌がらせメールが40件届いて、ウイルスも30個以上送られたらしいんだけど。

べ:
…みんな、けっこう容赦なく仕返しするんだね…

お:
ルールを破った人には危ないところだしね、インターネットって。
それと、この宣伝を嫌うっていう傾向はメル友募集なんかにも当てはまるから。それ専用の掲示板以外では、メル友募集は控えておいた方が無難でしょうね。