クレジットカード

クレジットカードによる決済です。

割合一般的ですが、
盗聴の危険性があると言われていたためか、
この方法を嫌う人も少なくありません。

これも、改めて説明する必要はないでしょう。

クレジットカード決済の場合、
ほとんどの店がWebページからの登録を必要としています。

最初に登録した時点でユーザーIDやパスワードが決められ、
以後はそのIDとパスワードを使うことで毎回カード番号を入力する手間を省くことができます。

そのIDやパスワードをブラウザに覚えさせておけば、さらに簡単になるでしょう。

またクレジットカードはたいていが銀行口座からの引き落としですから、
利用する側としては非常に楽に済むわけです。

手数料はカード会社によりますが、
それほど大きな金額になることも少ないでしょう。

……と、このように便利なクレジットカードなのですが、やはり問題も幾つかあります。

まず、クレジットカードを使うには、通販業者のWebサイトに登録しておく必要があります。

この際に名前や住所など全て登録されるわけですから、
個人情報に気を遣う人はクレジットカード決済を嫌がるのも無理はないでしょう。

また——これが最大の問題だと言われていますが——
クレジットカードの番号や暗証番号のデータがインターネット上を流れてしまうため、
盗聴される危険があります。

『インターネットで買い物をしたら、覚えのない請求がきて……』という話を
耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

盗聴されないようにSSLなどの暗号技術を使っているWebサイトも増えていますが、
これも絶対確実ではありませんし、SSLを利用するにはある程度新しいバージョンのブラウザが必要になります。

▼長所

手数料が安い。
・手続きが簡単。

▼短所

カードを持たない未成年などが利用できない。
・盗聴の危険性がある。