ネームサーバの役割

前に、IPアドレスとドメイン名の関係を、
電話番号と回線名義に例えて説明しました。

ですが、いくら相手の名義を知っていても、
電話帳がなければ電話番号を調べることは不可能でしょう。

この「電話帳」の役割をインターネットで果たしているのが、
ネームサーバです。
DNS、と呼ばれることもあります)

といっても、
インターネットに接続されているコンピュータは百万や二百万ではきかない数です。

これだけのIPアドレスが全て一冊の「電話帳」に載っていては、
時間がいくらあっても調べきれません。

そこでインターネットでは、無数のネームサーバが階層構造に配置されています。

「○○というドメイン名のIPアドレスを教えて欲しい」と問い合わせを受けたネームサーバは、
まず自分の持っている「電話帳」にその名前が載っているかどうかを調べます。

それで見つからなければ、
「ルートサーバ」と呼ばれる大本のネームサーバに問い合わせます。

ルートサーバの「電話帳」には、
トップレベルドメインを管理するネームサーバが載っていて、
ルートサーバはそのネームサーバのアドレスを教えてくれます。

次に、
トップレベルドメインを管理するネームサーバは、
セカンドレベルドメインを管理するネームサーバのアドレスを教えてくれます。

このように、
順に下がっていき、
最終的には求めるドメイン名の載った「電話帳」を持つネームサーバに行き当たるのです。

これでは少し分かりにくいでしょうから、実例を挙げてみます。

「www.ippo.ne.jp」というドメイン名を調べて、
自分の「電話帳」に載っていなかった場合、ネームサーバはまずルートサーバに質問をします。

ルートサーバは、
返事として「jp」を管理するネームサーバのアドレスを教えてくれます。

次に「jp」管理ネームサーバに問い合わせます。

「jp」管理ネームサーバの「電話帳」には、
「co.jp」管理ネームサーバや「ac.jp」管理ネームサーバなどのアドレスが載っているのですが、
その中から「ne.jp」管理ネームサーバのアドレスを探して答えてくれるでしょう。

「ne.jp」管理ネームサーバは、
「ippo.ne.jp」管理ネームサーバのアドレスを知っています。

そして、
「ippo.ne.jp」管理ネームサーバの「電話帳」には
「www.ippo.ne.jp」のIPアドレスが載っているのです。

これが、ネームサーバによるIPアドレス検索の基本的なシステムです。

このように階層化することで、
何千万というIPアドレスとドメイン名をネームサーバ達は管理しているのです。