メールサーバ

インターネットと言えば、
やはりWebページを見たり電子メールをやり取りしたり、というのが一般的な楽しみ方でしょう。

その一つ、
電子メールをやり取りする際に必要になるのがメールサーバというコンピュータなのです。

といっても、普通メールサーバはプロバイダが用意しているものです。

「パソコンだけじゃなくて、メールサーバも買わないといけませんか!?」
という心配はありませんから、ご安心を。

意外に思われるかもしれませんが、
電子メールは直接あなたのパソコンに届けられているわけではありません。

学校や会社でしかメールを使わない方にはピンとこないかもしれませんが、
自宅でプロバイダと契約している場合、メールソフトで「受信」をしないとメールは読めないのです。

では、「受信」をするまでの間、メールはどこで待っているのでしょうか?

また、圏外から圏内に移ったとたんに携帯電話にメールが届くことがありますが、
圏外にいた間、メールはどうなっていたのでしょうか?

その答えが、メールサーバです。

現実社会でメールサーバに近いものを挙げるなら、
郵便局の私書箱があります。

私書箱に届けられた手紙はそこで預かられ、
郵便局まで取りに行かなくてはいけません。

電子メールも、これと同じなのです。

メールは基本的にメールサーバにまでしか届けられず、
メールを読むにはメールソフトを動かして取りにいく(これが「受信」です)必要があります。

携帯電話の場合は、メールサーバがわざわざ手許までサービスで届けてくれているのです。

メールアドレスの「@」の後ろの部分
(例えば「abc@hogehoge.ne.jp」の「hogehoge.ne.jp」)がメールサーバの名前になっています。

「abc@hogehoge.ne.jp」宛のメールはhogehoge.ne.jpというメールサーバに預けられ、
abcさんが取りに来たときにようやくabcさんに届くわけです。

逆にabc@hogehoge.ne.jpさんがメールを出すときには、
hogehoge.ne.jpを通して送り先のメールサーバに届けられます。

メールサーバも普段意識することはありませんが、
これが故障するとメールの送信も受信もできなくなるという重要な機械です。