ネットワークのネットワーク

インターネットについての説明を見ると、
よく「インターネットはネットワークのネットワークです」と書かれていることがあります。

この「ネットワークのネットワーク」という言葉はどういう意味なのでしょうか?

これはつまり、
「小さなネットワークを幾つもつないで、大きなネットワークにしたもの」ということです。

……少し、分かりにくい言い方かもしれません。例を挙げて考えてみましょう。

前のページで言ったように、
今ではインターネットにつながっているコンピュータは数え切れないほど多くなっています。

この一つ一つを直接相互につないでいたのでは、
ケーブルが何億本あっても足りるものではありません。

そこで、小さなグループを作って、そのグループ同士をつなぐことにしたのです。

「クモの巣」で言うなら、小さなクモの巣を幾つも作って、
その「クモの巣」同士を太い糸でつなぐことで更に大きな「クモの巣」にしたわけです。

(しかも、この「クモの巣」は何重にも重なった構造になっています。

小さな「クモの巣」同士をつないで大きな「クモの巣」を作り、
それら同士をつないでもっと大きな「クモの巣」を作り、
さらに……と繰り返すことで世界規模の「クモの巣」ができているのです)

このような、ネットワーク同士をつなぐことで更に大きなネットワークを作るという構造から、
インターネットは「ネットワークのネットワーク」と呼ばれているのです。