iPod・iPhone・iPad製品を生み出したスティーブ・ジョブズの映画が11月1日公開!

iPod・iPhone・iPad製品を生み出したスティーブ・ジョブズの映画

世界は、ここから変わった!

iPod・iPhone・iPad製品を生み出した
スティーブ・ジョブズ』の映画が2013年11月1日に公開されます。

iPod・iPhone・iPad製品を生み出したスティーブ・ジョブズの映画が11月1日公開!

2011年10月5日
56歳の若さでこの世を去った、
アップル創業者で、
iPod・iPhone・iPad製品を生み出した
スティーブ・ジョブズの半生を描いた映画!

知られざる光と影を描いた待望作品として、
制作決定時から話題となっていた映画です。

スティーブ・ジョブズの映画予告編の動画映像


映画「スティーブ・ジョブズ」予告編 11月1日(金)全国公開

最低な男が、最高の未来を創った。
ウソつきで、ワガママで、傲慢。
でも、彼だけが、世界を美しくする方法を知っていた。

その言葉でひとを傷つけ、そのアイデアでひとを幸せにした、
世界にひとりのヴィジョナ­リーの真実。

世界を変えた天才、今世紀最高のヴィジョナリー、人の心を掴むカリスマ
そんな最上級の称賛を贈られた男がいた。

2011年10月5日、56歳の若さで亡くなり、
オバマ大統領はじめ数々の著名人が追悼の意を表した、
アップルコンピュータの創業者、スティーブ・ジョブズ。

だが、一方で彼は、ワガママで傲慢、自分の考えを絶対に曲げない反逆児で、
必要ならば友人さえも容赦なく追い落とす非情な男とも言われ続けた。

なぜ、そんな<嫌われ者>が、
世界中の人々から熱く長く<愛される>デバイスを創ることが出来たのか?

その疑問に答える、ジョブズ没後初の映画化が実現した。

ジョブズを演じるのは、
バタフライ・エフェクト』のアシュトン・カッチャー

繰り返される成功と挫折の狭間で、
天才スティーブ・ジョブズは、何を見たのか。

まだ­知らない未来が見える気がする、
そんな、あなたの人生にも多大なインスピレーションを­与えるに違いない注目作が誕生した。

映画「スティーブ・ジョブズ」

スティーブ・ジョブズとは

 

スティーブ・ジョブズ(スティーブン・ポール・ジョブズ)は、
1955年2月24日生まれのアメリカ合衆国の実業家

スティーブ・ウォズニアックと共に
商用パーソナルコンピュータ(PC)で
世界初の成功を収めたアップル社の共同設立者の一人

当時のあらゆるパソコンを凌駕する洗練されたもので、
新たなコンピュータ像を創造した

2000年にCEOに就任し
iPod・iPhone・iPadといった製品を生み出しヒットさせた。

アップル社の業務範囲を従来のパソコンから
デジタル家電とメディア配信事業へと拡大させた。

ピクサー・アニメーション・スタジオの創設でもある。